旧和田家製茶関連施設調査報告書 [H-031]

旧和田家製茶関連施設調査報告書 [H-031]

価格: 781円

定価: 781¥

数量:

詳細

現在トトロのふるさと基金が活動の拠点を置き、「クロスケの家」として多くの見学者から親しまれている古民家、旧和田家。2013年6月には、国の登録有形文化財に登録されました。
2008年度、工学院大学工学部後藤研究室により、建築史の側面からこの古民家の調査がおこなわれ、その調査結果をまとめたものがこの報告書です。

2009年3月31日 初版発行
2013年5月19日 第2刷発行
編集 工学院大学工学部 後藤研究室
発行 公益財団法人トトロのふるさと基金

【サイズ】A4・一部カラー/全50頁

【内容】
第1章 狭山茶の歴史と旧和田家(p2-5)
1.狭山茶地域と所沢の概要
2.埼玉県の茶の歴史
3.手揉み製茶の工程
4.製茶機械の工程
5.埼玉県の民家
第2章 建物の概要(p6-22)
1.製茶関連施設と主屋の概要
2.配置の変遷
3.製茶工場の概要
3.1 小屋組の構造
3.2 茶工場の間取りの変遷
3.3 動力と機械
3.4 越屋根
3.5 プロペラ
3.6 茶の保管
3.7 茶畑
4.主屋の概要
4.1 概要
4.2 建築年代の考証
4.3 移築
第3章 製茶時の動きと製茶機械(p23-29)
1.茶の流れ
2.製茶機械の配置と種類
第4章 まとめ(p30-34)
1.はじめに
2.主屋
3.茶工場
4.土蔵
5.茶蔵
6.総合的な見解
各種図面(p35-48)
調査風景写真(p49-50)